瀬戸内の恵みをたっぷりとはぐくんだ広島かきをお届けします。峠水産の新鮮な牡蠣をぜひ一度ご賞味下さい。〜地御前かきのお取り寄せ〜
ショッピングカート
<定休日:日曜休み>
 
 
 
トップ  >  美味しいかきレシピ〜その2〜
かきのパエリア かきフライ丼 かきほうれん草ベーコン炒め
かきのスクランブルエッグ かきの揚げ出汁豆腐  
→  むき身の下ごしらえ方法はこちら 
生かき、鶏肉、タマネギ、ニンニク、固形スープの素1個、塩、サフラン水、オリーブオイル、米1.5合
(トッピングとして、赤や青や黄などのピーマン、パセリなど)
  • 水にサフランを入れサフラン水を作る(短時間では色がなかなか出ないので予め作っておいた方が良い。またはターメリックでも可)
     
  • かき3粒を5等分に、タマネギ1/3・ニンニク1かけ・パセリはみじん切り、ピーマンは千切り、米は研いでざるにあげておく。
     
  • パエリア鍋にオリーブオイルをひき、ニンニク・タマネギ・鶏肉・かきの切り身の順番に入れて行き、かきと鶏肉に程良く焦げ目が付いたところでサフラン水を鍋の8分目くらいの所まで入れ一煮立ちさせる。その後固形スープの素と塩少々を入れ5〜6分ほど煮込む。
     
  • 出来上がったスープに米を鍋に均一になるように入れて行き、蓋をして10〜15分炊き込む。(水加減によって入れる米の量を加減してください。また炊きあがる数分前にピーマンなどのトッピングを入れるとよいです。)
かきフライ、たまご、だし汁、もみのり、青物、
ご飯、砂糖、しょうゆ、みりん
  • 鍋にだし汁カップ1/2、しょうゆ・みりん各大さじ1と1/3・砂糖小さじ1を合わせてかるく煮立て溶き卵を回し入れる。
     
  • どんぶりにご飯を盛ってもみのりを散らし、かきフライをご飯の上に盛り1.を滑らせて移し、もみのりを天盛りして青物をのせて出来上がり。

    《調理ワンポイントアドバイス》
    昨夜のかきフライの残りを使って手軽においしいかき丼が楽しめます。
生かき、ほうれん草、ベーコン、ニンニク、コショウ
  • フライパンを温め、たんざく切りしたベーコンとニンニクを入れて炒める。
     
  • ベーコンとニンニクが炒まったところにかきを入れ、かきに程良く火が通ったらコショウ(少々)を入れ火を止める。
     
  • ほうれん草を入れ全体的に絡み合わせれば出来上がりです。
生かき、塩、牛乳、たまご、ニンニク、オリーブオイル
  • フライパンを温め、オリーブオイルをひき、つぶしたニンニク1かけを入れて香りを付ける。
     
  • オリーブオイルに香りが付いたところにザク切りのかきを入れて軽く炒める。
     
  • 別のフライパンにバターをひき、たまご・牛乳・塩(少々)をかき混ぜたものを入れ、火を通しながらほどよいところで先ほど炒めておいた“かき”を入れてスクランブルエッグに仕上げる。(この時、火の通しすぎに注意する)
生かき、小麦粉、もめんとうふ、大根、のり
  • 生かきをきざみ、とうふを布巾でしぼって水分を抜いておく。
     
  • ボールにきざんだ生かきと絞ったとうふを入れ、小麦粉(少々)を入れてかき混ぜる。
     
  • 混ぜ合わせた物をハンバーグ状に形成し、その周りに小麦粉を少しまぶし、軽く握りなおしてから180℃の油で揚げる。
     
  • おわんに盛り、大根おろし、きざみのりを振りかければ出来上がりです。
 
産地直送、美味しくて新鮮な牡蠣のおとりよせ。牡蠣養殖60年の広島地御前かき峠水産。
焼き牡蠣・生かき・かき鍋・御前焼は、広島地御前かきの峠水産で。むき身・殻付かき・御前焼・かき鍋セットの販売をしております。
〒738-0042 広島県廿日市市地御前5-30-6
Tel・Fax (0829)36-1317